第30回ワン・ワールド・フェスティバル ハイブリッド開催概要 

※現在開催予定のものから順次アップして参ります。

第30回OWF開催概要 (70 ダウンロード)

【名称】             第30回ワン・ワールド・フェスティバル

【テーマ】          共に生きる世界をつくるために、一人ひとりができること~誰ひとり取り残さない社会の実現のために~

【目的】           日本の国際協力活動を活発化し、より充実した活動を展開していくためには、NGO/NPOやODA実施機関、国際機関、地方自治体、企業、教育機関などとの連携・協働が重要であり、NGO/NPO自身も組織基盤を強化し、専門性を高めることが求められています。また、国際協力活動の裾野を広げるためには、開発途上国の状況とそれを生み出す原因を理解し、解決するために何ができるかを考える教育(開発教育、地球市民教育等)の促進と場が必要となります。さらに、市民一人ひとりがさまざまなかたちで活動するには、情報の提供やボランティアを受け入れる環境整備としてのプラットホーム及びネットワークの構築が急務となります。

ワン・ワールド・フェスティバルは、イベントを通じて、国際協力活動を継続してきましたが、今後はSDGsの目標達成に向け、多種多彩な団体・企業・機関、ボランティア及び市民の方々、次世代を担う学生等様々なアクターが集い、出会う場としてのプラットホームの役割を果たすことになります。そして誰ひとりとり取り残さない社会実現のために、今後も活動を継続して参ります。

一昨年からの新型コロナウィルス感染症拡大により、第28回に続き第29回もWebで開催しましたが、今回は第30回のメモリアルイベントとしてリアルとWebでのハイブリッド開催を目指しています。Webでの開催の利点を活かしつつ、また、3年ぶりとなる対面での開催は、市民との交流の輪を広げそして新たな出会いと強い絆を育むものとなります。新しいワン・ワールド・フェスティバルの始まりです。

リアル   :2023年2月4日(土)・5日(日)10時~17時(予定)

ライブ配信 :2023年2月4日(土)・5日(日)11時~17時(予定)

Web    :2023年2月1日(水)~2月28日(火)(予定)

【開催場所】  ◆リアル 開催:

1)北区民センター(大阪市北区扇町2-1-27)

       2)扇町公園(大阪市北区扇町1-1)

       3)カンテレ扇町スクエア1階アトリウム、ステージ、

4)山西福祉記念館・ホール他(大阪市北区神山町11-12)

       ◆オンライン開催:ワン・ワールド・フェスティバル 特設サイト

       ◆ライブ配信会場:山西福祉記念会館

          ◆オンライン開催:ワン・ワールド・フェスティバル 特設サイト

【主 催】              ワン・ワールド・フェスティバル実行委員会

<構成団体>   (独)国際協力機構 関西センター、 (公社)アジア協会アジア友の会、

(公社)アムネスティ・インターナショナル日本・関西連絡会、(公財)オイスカ 関西支部、

(一社)南太平洋協会、(認活)大阪NPOセンター、(特活)AWPS学生スタッフチーム、

(特活)関西国際交流団体協議会   

                            (以上、8団体)

【共催予定】  (一財)大阪市コミュニティ協会北区支部協議会、関西テレビ放送㈱ (予定)

【協賛予定】      国際機関、企業、民間団体、労働組合など

【後援予定】     外務省、総務省、文部科学省、経済産業省、環境省、大阪府、大阪市、堺市、教育委員会、PTA協

議会、経済団体など(予定)

【参加団体】    NGO/NPO、ODA実施機関、国際機関、地方自治体、企業、教育機関など

【来場対象者】   関西圏を中心とした一般参加者とWEBでの視聴者

【入場料】     無料

【事務局】             特定非営利活動法人関西国際交流団体協議会(KNA) 杭全事務所

〒546-0002 大阪市東住吉区杭全1丁目15番18号 大西ビル3F 

TEL:06-6777-1039 Fax:06-6777-2050(電話での問合せ 平日9:00~17:00)

https://onefes.net/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう