第28回ワンワールドフェスティバル実施報告書

実施報告書

2021年2月1日から2月21日まで、ワン・ワールド・フェスティバル(OWF)オンラインウィークを開催しましたところ、皆様のおかげをもちまして無事に終了いたしました。

OWFは、今回で第28回目となります。例年は、大阪市内において、国際交流、国際協力の活動をする団体が集まり、さらにはSDGsの理念の実現を目指す行政や企業の皆様方にもご参加を得て、その活動の報告を通じて来場された方々との交流をし、その輪を世界に広げる場として開催をしてきました。ここ数年は、2日間にわたって北区民センター、扇町公園、カンテレスクェアという扇町エリアにおいて、多くの方々にお集まりを頂き、西日本最大の国際交流の祭りとされてきました。

しかしながら、昨年の2月はじめに第27回を開催させて頂いた以降、新型コロナウイルスの急激な感染拡大となってしまい、これまでのような多数人が集まってのフェスティバル開催はとても不可能になってしまいました。しかし、27年間続いてきたOWFを通じた国際交流・国際協力の流れを止めてはならないという使命感、こういうときだからこそ、世界で困っている方々に対して「誰一人取り残さない」という熱いメッセージを発信しようという皆様の気持ちが一つになって、今年はオンラインで開こうということになりました。

この開催に当たりましては、参加して頂いたNGO・NPOのほか、外務省、総務省、文部科学省、経済産業省、環境省、大阪府、大阪市、堺市はじめとする省庁及び自治体並びに教育委員会、各種団体、学校、企業、そして大学生や高校生をはじめとする若い方々も含め、極めて多方面から多くの関係者の方々の多大なご支援、ご協力の下で、無事に開催に至ることができましたことを心から感謝を申し上げます。

また、今回、初めてクラウドファンディングにもチャレンジをさせて頂きましたところ、多くのご寄附を頂くこともできました。これにご協力を頂きました方々にも厚くお礼を申し上げます。

今回のOWFでは、オンラインにて「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(SDGs)が示す17の目標と理念を参加者みんなで共有し合い、今までの活動を報告し、今後の活動への指針を考える「きっかけ」や「場(機会)」が提供できたものと考えています。また、オンラインでの開催ということから、西日本だけではなく、海外からの参加も得ることができたことは大きな発展につながったものと思っています。

この第28回の内容を本報告書にてまとめましたので、ぜひご高覧頂ければと思います。そして、ぜひ次回以降もご支援、ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願いを申しあげます。

オンライン開催 特設サイト

視聴回数  計   43,000回数

参加団体総数90団体  参加プログラム総数:119プログラム

オンラインブース:29団体、29プログラム

オンラインプログラム:15団体、20プログラム

オンラインステージ:11団体、11プログラム

オンラインキッチン:2団体、2プログラム

ワンフェスチャンネル:3団体・実行委員会主催、12プログラム

SDGs交流ひろば:11団体、18プログラム

ワンフェス動画コンテスト:13グループ、13プログラム

スポンサーチャンネル:6団体、14プログラム

第28回事業報告書

第28回事業報告書 (Microsoft PowerPoint)

第28回実施報告書 (315 ダウンロード)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう